BLOG
ミラージュブログ

TOP > ミラージュブログ > 消防士と結婚したいと思ったら・・

消防士と結婚したいと思ったら・・

消防士と結婚したいと思ったら・・

こんにちは。
代表カウンセラーの有薗です。
今日は「消防士と結婚したいと思ったら・・」ということで記事を書いておきます。

消防士と結婚するには結婚相談所や婚活アプリを利用する方が早いかもしれません。
というのも、一般的に消防士と出会う事はなかなか難しく、何かのきっかけで知人友人などに紹介いただくかあるいは同僚での結婚が多いようです。
消防士も火事があった際に駆けつけなければいけないので警察官と同じように命を落とす危険性が常につきものです。
よってパートナーはそういうような危険性があると言うことをいつも考え覚悟を持ちながら婚活しなければいけないと思います。

ちなみに消防士は「消火隊」「救急隊」「救助隊」があり、火を消す役割、助ける役割など役割がわかれているようです。現在では、全国の消防資産は158000名がいらっしゃるような具合のようです。

消防士がなぜ人気なの?

消防士がなぜ人気なのかと言うと、警察官と同様

・公務員の安定した収入や福利厚生がしっかりしていること
・正義感が強く頼もしさを感じところ、特に肉体が素敵
・単純に見た目がかっこいい

などのような理由があるようです。警察官、自衛隊なども同じような人気ですよね(笑)
女性から憧れるのはわかります。

とはいえ、消防士さんとの結婚ではデメリットといいますか多少ガマンしなければならないことも多いようです。それは

・出勤時間や休みが定まっていないこともあるため、予定を合わせづらい
・転勤の可能性がある。
・結婚前に身辺調査が行われる可能性がある。

とのことで「身辺調査」と聞くとびっくりしてしまいますが、国の市民を守るお仕事になるのでちゃんとした人と結婚しないといけないということがあるようです。

消防士のお仕事とは?

上に書いたように、お仕事の所属部署などによって変わってきてしまうのですが、とある消防士の1日はこのようなスケジュールのようです。

8時半 朝礼
9時 装備の点検や消防車などの清掃
10時 勉強やミーティング、お昼当番の場合は昼食準備を行うこともある。
11時 お昼時間は変わることもあるが、一般的に火災の起きやすい12時は避けることも多い
13時 各部隊に分かれて訓練、装備の点検などをする。
16時半 夕食
18時 入浴やトレーニングなど
21時 交代で就寝
その都度出動要請があれば現場にいく。

ということのようです。
消防士のお仕事は、2部制、3部制などにわかれていて、2部制は、「24時間勤務→非番→お休み→24時間勤務→…」の感じで行う体制のことで、3部制は、「日勤・当番・非番」による交代勤務のことのようです。

なので、パートナーがどういう役割七日によって、非番の日などが変わってくるようです。

消防士の年収は

消防士の年収は718万円が平均年収とのことでした!
もろもろ危険なところに飛び込んでいくこともあり、実は危険作業手当というものもつくようです。手当についてはこのように

危険作業手当
不快作業手当
重勤務作業手当
非常災害業務手当
消防業務手当

などの手当てがつくようになっているようです。
ここ最近は少し年々平均年収が減ってきてしまっているようですが、消防士のお給料が一般の公務員より高いのは当然、火災現場で怪我をしたり最悪亡くなるということもあるからのようです。
パートナーとしてはちょっと考えたくないことでもありますよね。

コミュニケーションのプロ、代表有薗が無料カウンセリング。

 

会員6万人のデータベースから素敵な方をご紹介!

浜松町での結婚相談所は【mirage】

>お問い合わせはこちらから<

 

 

おすすめ記事

億劫な方はオンラインで!

一気に資料請求するなら

s

オールアバウト婚活特任アドバイザー就任!

代表有薗の著書

ページトップへ